研究内容紹介

現在,主として以下の領域で,研究を進めております.

各領域については,個別のリンク先がありますが,学部学生向けの簡易な説明になっております.研究者の方等で,詳細に興味がある方は,私の個人ページの方も見ていただければと思います.論文等は全てそちらにアップしております.

様々な「インタラクション」を扱いますが,視覚的ユーザインタフェースの設計を中心とした,いわゆるヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)は,中心的テーマにはしておりません.

 

対面対話分析

Dialogue Analysis

現在の中心的テーマです.対話の言語的・非言語的両側面から,対話の大域的構造を把握することが目標です.学際的共同研究として実施しています.

 

 

コンテンツ分析と生成

Information Generation

これまでの知能情報システムは,コンテンツの自動分類といった,情報の「認識」を中心に発展してきました.我々は,難易度は高いものの,今後重要度が増すであろう「生成」系の研究を進めたいと考えています.一例として,発話を生成する対話システムについて取り組みを開始しました.また,クリエイティブな映像表現を自動的に分析し,異なるスタイルの映像として生成する研究にも着手しています.

 

 オンラインコミュニケーションマイニング

Online Communication Mining

電子メール等のやり取り,ブログの執筆,SNSでの交流等,我々の日常の中で,オンラインコミュニケーションの重要性は増す一方です.データを計算機によって分析することで,このようなオンラインコミュニケーションと従来のコミュニケーションの性質の違いを理解し,問題のあるコミュニケーションの発生を抑止する手法の開発とともに,コミュニケーションの効率を上げることや,コミュニケーションをより楽しくすることに,取り組みます.

 

情報アクセス

Information Access

マルチメディアデータ(主に画像)を対象とした検索を対象としています.以前は複数の情報源(テキストと画像)を統合した検索モデルについて検討していましたが,最近はシステム評価手法の開発や評価データの特性分析が興味の中心です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------------